髪型・ヘアスタイル(男子学生編)

  • HOME > 髪型・ヘアスタイル(男子学生編)

就職活動にふさわしい頭髪・髪型とは?(男子学生編)

就職活動をする時に面接官は学生たちの頭髪による第一印象を受けやすく、先入観を抱きがちです。よって頭髪は身だしなみのひとつとして大きな役割を果たします。

ではここでは男子学生のヘアスタイルについて、どのようなものが就職活動をするに当たってふさわしいのかに触れてみたいとおもいます。

まず染髪についてですが、いわゆる茶髪はたとえ多少であっても印象が軽薄になることは否めません。面接官のなかには年配の人もいます。まだまだ茶髪は印象が悪いようですので、心当たりのある方は必ず、黒髪に戻しておきましょう。

髪の長さについてですが、まず前髪は表情がよく相手に見えるようにあまり顔にかからないようにしましょう。サイドは耳にかからないようにして、もみ上げは短めがよいでしょう。後ろは襟足が横に流れることのないように。刈り上げる必要はありません。

また、髪全体を立ち上げたり、地肌が見えるほど前髪にきちんと分け目を入れたり、オールバックにしたりといったこともやめておきましょう。

寝癖は特にいけません。つむじの部分が潰れていたりしないか、ちゃんと鏡を使って後ろをチェックし念入りに整えておきましょう。

ワックスなどのスタイリング剤を使って髪が乱れたりしないようにちゃんと固めておくのがよいでしょう。携帯用の小さいヘアスプレーを持っていくのも一つの手ですね。

黒や濃紺のスーツを着たときに目立つのがフケです。
注意しておきましょう。

床屋や美容院でヘアカットする時に、髪型やスタイリングの方法などを相談してみてはどうでしょう。

はじめにも書いたように、頭髪は面接官の先入観をよびやすいものです。
なるべく清潔感のあるヘアスタイルで選考に臨みましょう。

髪型やヘアスタイルにも気をつけて、印象の良い学生として就職活動を進めていきましょう。