就職活動時の靴下・ストッキング

  • HOME > 就職活動時の靴下・ストッキング

就職活動における靴下やストッキングについて

就職活動をするとき、スーツ、バッグ、靴など揃えるものはたくさんありますが、目立たない小物にも気配りが必要です。靴下、女性の場合はストッキングなどの例を挙げてみましょう。

靴下は靴やスーツの色に合わせて黒か濃紺を選び、ポイント柄以外の派手なものは避けましょう。ビジネスタイプで薄手で通気性のよいものがオススメです。丈の短いタイプはすねが見えてしまうのでNGですね。また、カジュアルで軽い印象を与えがちの、スポーツタイプの靴下はやめておきましょう。

たるんでいたり、ずり落ちてしまっていてはどんな靴下を履いていてもだらしなく見えてしまいます。気をつけましょう。

就職活動を始める女子学生の中には、ストッキングは初めて履くという人もいるかもしれないですね。そうするとどんなストッキングを選べばいいのかよくわからないといったことも起こりうるでしょう。

そのような人達のために就職活動に適したストッキングの選び方を簡単にお教えしましょう。

まず色ですが、やっぱり自然な感じでリクルートスーツにも合い清潔感のあるベージュ系が良いでしょう。ベージュ系でも網や柄物は避けたプレーンなタイプが無難ですね。

また同じベージュ系でも明るすぎるもの、暗すぎるものは不自然ですし、ややフレッシュ感に欠ける感じがするでしょう。

次に大切なのは自分の肌に合った色を選ぶことです。

売り場にサンプルがある場合が多いので、足に履いたときと同じような感じで、サンプルの生地を伸ばした状態で腕の内側にあててみましょう。履く人によって多少伸び具合も変わり、それによって色目も微妙に変化するものです。いくつかそんな風にして試してから自分に合う色を見つけていくのが一番よいでしょう。

面接時にバッグに収納しておきやすいハンディパックのものはオススメです。
面接までに時間がなく焦って履き替えるときなど、ストッキングを指でやぶってしまうことも多々あります。落ち着いて交換ができるように予備をバッグに持っておくと安心ですね。

他に、歩く時間が長いときなどは、ずり落ちてくるのを体にフィットさせて防止する「マチ付きタイプ」のストッキングが便利でしょう。

たるみ、伝線、かかとの磨り減りは思った以上に目立ちます。気をつけておきましょう。

足の太さが気になる場合、スリム効果のあるダークトーン系の色を選んだり、ストッキング自体にスリムアップ効果のあるものを選んだりするとよいでしょう。

あとは泥はねや伝線などのトラブルに備えて、予備のストッキングを携帯しておくべきなのは言うまでもありませんね。