面接形態

  • HOME > 面接形態について

面接形態(集団面接・グループディスカッション)について

この先、就職活動を始める学生の方たちに面接形態についていくつか紹介してみたいと思います。

最近の就職活動ではマンツーマンで行う個別面接のほかにもいくつか違ったものがあります。

面接を突破しないことには内定は取れませんからね。

集団面接

文字通り、何人かの学生がいっぺんに面接を受けるものですね。順番によって異なりますが、自分より前の人に論理的にバッチリ決められると、自分の考えていた内容に自身がなくなり、その内容を変更してしまって失敗するケースがあります。そういう場合は「人は人、自分は自分」と割り切って、本当の自分をぶつけることが大切です。話が立派だからといって合格するとは限りません。その他、自分が考えていたものと同じような内容を先に発表されてしまって焦ってしまうケース。でも慌てなくていいのです。ただ単に内容を説明するのではなく、それに込められた自分の気持ちをちゃんと話すことができれば違った印象を与えることは十分に可能なので、心配はありません。

グループディスカッション

この方法は出された課題を何人かのグループで論議させるものです。この時に、この討論の中でリーダーシップを取ろうとむやみに張り切ってしまう人がいますが、そういう行動はかえって自分本位な人間だと受け取られてしまう場合があります。面接官がチェックする大切なところは、周りの空気を読み取った発言ができているかというところではないでしょうか。
また、チェックの一つに、物事への取り組み方を区別できる姿勢が発言の中に感じられるかどうか、ということも入るでしょう。それを踏まえて、グループでの発言を汲み取って、出された課題を結論へと進めていく姿勢の有無も、判断のベースにしているようです。

 

上に挙げた二つの面接形態は、慣れていないと周りに左右され失敗するケースがあります。面接本を参考にしたり、何度か練習してみるのもいいかもしれません。