男子学生のパンツスーツ

  • HOME > 男子学生のパンツスーツ

男子学生のパンツスーツに関する注意点

ここではスーツの上着ではなく、パンツのことについて書いてみることにします。

就職活動のときに着る男子学生のスーツのパンツについてですが、上着一枚につきパンツは二枚用意しておきましょう。パンツは上着よりも痛みやすく、折り目が消えたりしやすいのです。

パンツを履いたときにウエストがきつすぎるとタックが緩みやすいので、サイズを選ぶときはそこに注意をしておきましょう。

また、パンツの裾はシングル、ダブルのどちらでもかまわないでしょう。ダブルの場合、折り返しは3.5〜4cmが基本になります。どちらを選ぶにしても、靴を脱いだ状態で裾が床にすらないくらいの長さ(床から5cm程度)にして、ワンクッションが作れるくらいにしておきましょう。

素材はウールが基本的にオススメですね。ポリエステル素材は折り目を維持しやすいという利点はありますが、夏場蒸れやすいといった欠点があります。

パンツの丈で注意すべきは、長すぎて膝下にだぶつきが出てしまうところです。結構見かけるのですが、これはいけません。長すぎるとだらしなく、短すぎると窮屈な印象を与えてしまいます。なにに関しても言えますが、適度なバランスが必要と言うことですね。

折り目が消えてしまっているのはいけません。クリーニングにずっと出していないようで、不潔な印象を与えてしまいます。それと、タックが開いてしまっていると、ウエストがきついようで、窮屈に感じてしまうでしょう。

これらをパンツ選びの参考にして、自分に合ったものを見つけてください。