就職する時の四季報の活用法

  • HOME > 就職する時の四季報の活用法

四季報の良い点悪い点

就職活動する上で、学生にとって欠かせないアイテムとなるのが、定番ではありますが、東洋経済新報社刊行の「四季報」ですね。企業の詳細情報を収集するのにとても役立つといえます。

企業の年収や離職率といった雇用条件は会社説明会では詳しく聞けませんね。そういった情報がしっかり載っているのが四季報です。

上手な四季報の利用方としては、過去数年分の四季報掲載データ比較をし、平均年収が増加している企業や、採用数の増減の傾向を把握することでしょう。

しかし、四季報の欠点として、掲載企業数が多いとはいえないところでしょうか。有名企業でも載っていないケースも少なくはありませんね。

もうひとつ。それぞれの項目において、「NA:回答拒否」の多い企業もありデータ把握がいまいちできないところです。逆に、「NA:回答拒否」ばかりの企業はは印象がよくないので、をこに注目してみても良いでしょう。「NA」があちこちにあり、いまいちデータ把握がうまくいかない場合があるときは、違った活用法として、四季報で興味を持った企業をインターネットで詳しく調べるといったこともしてみてもよいのではないでしょうか。