証明写真の撮り方のコツ

  • HOME > 証明写真の撮り方のコツ

証明写真の良い撮り方について

就職活動をする時に、企業には証明写真を貼った履歴書を提出しなければいけません。

この履歴書に貼る証明写真ですが、最終面接まで使用されるほか、直接面接をしない上役たちも目を通すので、いってみればその人の分身といってもいいくらいの価値があり、やはり適当ではなくしっかりとよいものを撮っておきたいですね。

ここではその証明写真について、特筆すべき点を何点かあげてみたいと思います。

現在、証明写真にはカラーと白黒の種類がありますが、カラーを使用するひとが多いようです。人によって白黒のほうが似合う人もいるので、これはどちらで撮っても問題はないでしょう。

カラー写真の場合、背景色で印象がかわってくるのをご存知ですか。青では明るく元気な感じに、グレーでは顔の輪郭がハッキリして落ち着いた感じになります。どちらかといえばグレーの方が人気があるようですね。

そして写真の表情。証明写真は真面目な顔で写らなくてはいけないと思っていませんか。できれば笑顔のほうが好ましく、くちの両端を広げずにキュッと持ち上げるのがコツです。

目は極力大きく開くのが良いでしょう。
カメラのほうを向いて、きもち顎を引いてみましょう。自然に目が大きく写ります。

また、細かいようですが、首が曲がっているだとか、顎が上がっているだとか、目線がずれてしまっているといった写真にならないようにするのは言うまでもありませんね。