SPI

SPIとは??

SPIという就職活動の選考方法があるのをご存知でしょうか。

今から就職活動を始める学生の中には、SPIというものが何かわからない人もいることでしょう。ではここでは、そういう人のためにSPIについて少しだけ説明してみたいと思います。

SPIとは、基礎能力や性格適性の検査のシステムのことです。インターネットが一般的に利用されるようになり、採用が以前よりオープンになりました。その結果応募者数が極端に増えています。その全員と直接面接をして採用という流れが理想的ですが、それは実際不可能といえます。

そこで、企業がそれぞれどのように応募者の数を絞っているかというと、筆記試験やエントリーシートを使った書類選考です。面接のまえにこの書類選考を突破しないといけません。
これが多くの学生が頭を抱えているタネのひとつといえるでしょう。

その筆記試験の半分以上をしめるSPIとは?

*言語能力:文章をかくことや表現すること、言語を理解することなどの能力
*非言語能力:仕事をする上で欠かせない数量的処理能力
*性格適性:仕事内容への向き不向き

大きく分けるとこの三つで構成されています。これらをいろいろな企業のニーズに合わせる形で選択して使用しています。内容は中学生レベルの範囲内とかんがえるといいでしょう。

正解率の合格ボーダーラインは約6割。

問題の割りに時間が短めなので、時間が結構かかる計算問題なんかは、苦手であれば最初から切り捨てるのもひとつの手です。気持ちに余裕を持って取り組めばそれほど面倒ではないはずです。しかし、いきなり本番だと、時間配分に困るといけません。

心配な学生は、問題集でも一冊手に入れて頭のストレッチくらいの軽い気持ちで、目だけでも通しておくといいでしょう。ひっかけ問題や苦手な分野などを整理しておくと、気持ちの上で楽になります。

本屋にいけばSPIの問題集は、かなりたくさんあります。