男子学生のスーツ(上着編)

  • HOME > 男子学生のスーツ(上着編)

男子学生のスーツについて(上着編)

就職活動をするにあたって、着るスーツを選びかねている学生も多いのではないでしょうか。

ここでは就職活動のときに使うスーツでも男子学生が着る上着について触れてみたいと思います。

まずスーツの色ですが、黒か濃紺が定番といえるでしょう。ひとことで黒と言ってもいくつか種類がありますが、濃い黒のほうが表情が際立っていいでしょう。ちなみに、体育会系の学生たちなどにおいては、ブレザーを着用しても構わないでしょう。

スーツは年間通して二着用意しておきましょう。一着は一年中着られるものを、もう一着は通気性がよく背中の涼しい春夏用がよいでしょう。

どの業界が面接先でも、スーツのボタンは三つがよいでしょう。上着の一番下のボタンは外しておきます。サイズ表示ですが、A体は標準、Y体は細身、AB体は大きめ、BB体はビッグサイズを表しています。肩に合わせてサイズを選びましょう。

着丈、袖丈の基準として、

*着丈*腕を伸ばして、袖裾を指の第一関節で握り返せる長さ。
*袖丈*腕を地面と水平に伸ばして、ちょうど腕時計が見えるくらいの長さ。(手首から5cm程度)

スーツによって、標準より腕の長さが左右で違ったり、長かったりする場合もあるので、袖丈の調整は必ず行いましょう。サイズ調整の料金ですが、着丈で約三千円、袖丈で約二千円が目安です。既成品で調整することを考えると、セミオーダーでもだいたい同じくらいの費用で仕上がりますね。

スーツの上着は袖丈と着丈のバランスが大切です。着丈が長めの上着が最近の流行のようですが、だらしない印象を与えがちです。短すぎるのも考え物です。

Vゾーンが狭すぎるのもカジュアルな印象を与えてしまい軽薄に見えるので、そのあたり注意したほうが良いでしょう。