女子学生のスーツ(上着編)

  • HOME > 女子学生のスーツ(上着編)

女子学生のスーツについて(上着編)

スーツは高い買い物ですので、失敗したくはないものですね。

そこで就職活動のときに必要な女子学生の着るスーツの上着についてふれてみましょう。

まずはスーツの色ですが、黒かチャコールグレイが一般的で好ましいでしょう。どの業界の面接を受けるにしても、奇抜な色や柄物は避けておきましょう。女子大などの制服でも構いません。

スーツは二着用意しておいて、一着は季節を通して着られるもの、もう一着は春夏に向いた通気性のよいものなどが良いでしょう。

上着のボタンは二つか三つどちらでも構わないので、ブラウスとのバランスを考えて選びましょう。またボタンを留めた状態で、椅子に腰掛け窮屈でないか違和感はないかなどを確かめておきましょう。

基本的には、サイズは肩で合わせましょう。ボタンを全て留めた状態で、肩の縫い目の部分が広がって見苦しくはないかをチェックしておくべきでしょう。

Vゾーンが広いか狭いかでブラウスの相性が変わります。広い場合はスキッパーカラー、狭い場合はレギュラーカラーが似合いやすく正解でしょう。Vゾーンの裾は広すぎてもダメ、狭すぎてもダメ、適度なものをえらびましょう。また、ボタンを全て留めた時にVゾーンの襟のしわに注意しましょう。

サイズ選びは重要で、わきの下や肩のふくらみ部分にしわが寄らないようにすること、あと、身体にピッタリすぎて肩や背中の縫い目が広がっていないかをチェックしておきましょう。

ウエストや胸周りがちょうどぴったりになりすぎて、椅子に腰掛けたときに窮屈な雰囲気を与える人は意外に多いものです。

袖丈や着丈が長すぎても、不自然であったり、幼稚な印象を与えてしまいがちなので、十分な注意が必要ですね。